クリーニングを保管してくれるサービスを利用|ラクラク管理ガイド

かさばる冬物衣類のお洗濯

洗濯物

クローゼットもスッキリ

季節の変わり目のこの時期は衣替えシーズンですね。特に、冬物衣類はダウンやロングコートなど、クローゼットを占領してしまうかさばるものばかり。しかも、梅雨時期や夏の湿気対策もお家での保管は気をつかいます。最近では、そういったシーズンごとの衣類をクリーニング後にそのまま保管してもらえるサービスが一緒になっていることがあるのをご存知でしょうか。きれいにしたい衣服を、指定の袋に入れて宅急便で送れば、クリーニング済みの衣類をこちらが事前に指定した時期まで空調の効いた場所に保管してくれます。お店によっては、皮などの素材や、急に取り出したくなる学生服、喪服などは受け付けないことがありますので、サービスを受ける前に注意事項をよく読んでください。

他にもこんなサービス

衣類だけでなく、冬物のブーツやシューズもクリーニングの後に保管してもらえるサービスもでてきました。最近はやりのムートンブーツは、冬の間に汗や汚れがつきやすく、ホームクリーニングしにくい素材ですよね。ブーツ専用の会社もありますので、探してみてください。いずれのクリーニング保管サービスも、返却希望時期を事前に決めることができますが、急に必要になった際の対応ができないまたは、別途料金がかかることがあります。急に必要になりそうな衣類は保管サービスを利用しないようにして、季節の衣類は、余裕を持った返却希望時期を設定するようにしましょう。また、付属品も一緒に保管してもらえるのか、クリーニング業者によって違いがありますので、注意してください。

服を大切にする

干された衣類

衣類のクリーニングを行なう際に、冬物衣類の保管場所に困る人は多いです。長期保存を行なう時には、防虫と湿気対策を行ないましょう。最近では、クリーニング業者で衣類保管サービスを提供しているケースがあります。衣類収納に悩む人には最適のサービスといえます。

More Detail

服の預かりサービスが人気

衣類

クリーニングの保管サービスが人気なのは、家の収納スペースが足りない人のニーズにうまく対応しているからです。家族形態の変化で、コンパクトな空間の家に住む人も多くなってきました。収納スペースは手狭になり、今後保管サービスの利用者は増えることが予想されます。

More Detail

衣類を大切に扱うのなら

ワイシャツ

自宅の収納部の不足の為に、衣類の保管場所に困っている人は少なくないでしょう。そういった人にオススメなのが、クリーニング店の衣類保管サービスを利用する方法です。これはクリーニングで仕上げてもらった衣類を、そのまま衣類にとって最適な環境下で数ヶ月単位で保管してもらえるサービスになっています。

More Detail